長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

大晦日 31.Dec.2019

大晦日の歴史はかなり古く、平安時代まで遡る。
昔、大晦日は正月に迎え入れる歳神様(としがみさま)をまつるための準備の日であった。

歳神様とは、稲の豊作をもたらすとされている神様のことで、農作物が豊かに実り、食べるものに不自由することなく暮らせるようにと、昔から大切に扱われてきた神様である。

また、歳神様は各家庭にやってくることから、家を守ってくれる祖先の霊とも考えられていたようだ。
昔は1日が夜から始まって朝に続くとされており、大晦日の日暮れからすでに新年の始まりであった。
そのため、大晦日の夜は歳神様を待ち、一晩中寝ずに起きておくという習わしがある。
もしうっかり早く寝てしまうと、白髪になる、シワが寄るなどという女性にとっては恐ろしい言い伝えもあったそうです。
・除夜の鐘
大晦日は「除夜」とも呼ばれており、大晦日の夜から11日にかけて鳴らす除夜の鐘は今でもよく知られている。
鐘を撞く回数は人の煩悩の数を示す108回で、寒空の下で響く鐘の音に誰しも一度は耳を傾けたことがあるように、煩悩を取り去り、正しく清らかな心で新年を迎えることができるようにするものである。
・年の湯

大晦日の夜にお風呂に入ることを「年の湯」と言い、ここでしっかりと一年の垢を落とし、気持ち良く新年を迎える。

今と違い、毎日入浴することが当たり前でなかった時代は、大晦日の入浴が特別なものであったに違いない。
・年越し蕎麦

「年越し蕎麦」を食べる習慣は比較的新しく、江戸時代から始まったと言われている。

別名「つごもりそば」、「三十日そば」とも呼ばれ、細く長い見た目から長寿や健康を願って食べられるようになった。
また、蕎麦の麺は切れやすいことから「一年の災厄を断ち切る」という意味もある。
現在では、一部地域で年越し蕎麦の代わりにうどんが食べられていることもあり、蕎麦、うどんともに、一年のうち1231日に最も多く購入されている。

皆様いい新年をお迎えください。

『百八つ減る気配なく除夜の鐘』

(T.Koga)長崎市の三山不動産

客観視する 30.Dec.2019

アダムとイブの時代このかた、つまり、ひとりの人間がふたりの人間になってからこのかた、他人の身になって見ようとしなかったもの、他人の目で見ようと試みることによって自分の真の状態を知ろうとしなかったもの、そういうものはだれひとりとして生きながらえることはできなかったのです。
人間としての能力。
神の命令を聞かなかったアダムとイブは、意志ある人間になった。
その時から、人間は性質の違う二つの目を持つようになった。
それは、自分自身を第三者として見る目と、当事者として自分自身を見る目を持ったということです。
人間特有の能力として、自己を客観的に見る目を、アダムとイブは獲得したのです。
だから、その2つの目を使って、色々なものを見ない人間は、結局、人間同士の戦いの中では、生き残ることが出来ないようになった。
これは、重要なことです。
人間として自分の姿を第三者の目で見ているかどうかで、社会での関係性が違ってくるはずです。
自己コントロールできるか否かは、この自己を客観視できるかどうかにかかっているからです。
この能力が、私たちを人間と動物とに分けるものだと言っても良いかもしれない位だと思う。
私たちは、自分自身を客観的に見ているだろうか。
いつもその目を使っているだろうか。
特に、混乱している時に自分を客観視しようとしているだろうか。
肝に銘じておくことです。
自分を第三者の目で見ろと。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

イノベーション 27.Dec.2019

革新とは、単なる方法ではなくて、新しい世界観を意味する。
イノベーション=革新とは、今までとは違う方法で何かを行ったり、今までとは違う意味を持ちこんだり、今までとは違う行動基準を作ったりすることです。
つまり、今までとは違う世界を作ることです。
ということは、世界は均一ではないということです。
同じ空間、同じ時間の中でいても、実は私たちは、違う世界の中で生きているのです。
アルフレッド・アドラーなら、主観的な世界に生きていると言うだろう。
イノベーション=革新は、そういう違う世界で生きている私たちに、更に違う世界があることを提案することです。
私たちの中に、今までとは違った世界を、見せることを言うのです。
毎日、毎日、私たちは、見慣れた風景を見るとはなしに見ているものだが、たまには、その見慣れた風景のどこかに拘って見てみよう。
そうすれば、見慣れた風景も一変するぐらいに、違って見えるものです。
イノベーション=革新は、そういう身近なものから生まれるものなのです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

幸不幸 26.Dec.2019

幸福と不幸とはともに心にあります。
どんな出来事も、その出来事に意味を与えるのは、その出来事の渦中にある人間です。
その人間が、出来事の意味を見出し、その出来事に対処していくことになる。
だから、同じ出来事のように見える現象も、その渦中にいる人によって、意味が違ってくる。
それは、その人たちの心のあり様に違いがあるからです。
意味を見出すのは、その出来事を受け止める心のあり方だからです。
幸不幸は心が決定するのです。
心のあり方がどうなのかで、私たちは、幸不幸を感じ分けていくのです。
私たちは、出来ることなら、どんな事態の中でも幸せを感じ分ける心のあり方でいたいものです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

クリスマスソング 25.Dec.2019

山下達郎「クリスマスイブ」
マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス(All I Want for Christmas Is You)」
桑田佳祐「白い恋人達」
松任谷由実「恋人がサンタクロース」
B‘Z「いつかのメリークリスマス」
竹内まりあ「すてきなホリデイ」
等が有名ですね。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

クリスマスディナー

以前アルバイトをしていた出島のSaltareでクリスマスディナーを食べてきました♡
食べるのに必死で食事を映していませんでしたが、大満足でした★

 

食事の後はおしゃれなパフェとプロのバリスタが入れるカフェで〆でした!
カフェラテのラテアートはクリスマスにちなんだ雪だるま!可愛いですよね♡

たまにはこういうディナーもいいなと思いました♩
その他の料理もすごくおいしいので皆さんも是非行かれてみてください★

☝ai