長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

刺激を受ける 31.Mar.2021

何かに興味を持とう。

自分を揺すって絶えず目覚めていよう。

趣味を育てよう。

熱中の嵐を体じゅうに吹き通らせよう。

今日を心ゆくまで味わって生きるのです。

ちょっとしたことに、関心を持てない人たちがいる。

なぜそうなっているのだ? と思わない人たちがいる。

何か変だと思っても、そういうものなのだなと、自分で勝手に納得してしまう人たちがいる。

私たちは、そういう現実に迎合した態度を改めて、色々なことに関心を持つことです。

なぜ? なぜ? なぜ? と簡単に思えるようになりたい。

どうしてこんなことが出来るのだろうと、不思議な気持ちを大切にしたい。

そうすれば、色々なことに関心や興味が湧き、人生の幅が広がる。

そして、自分の人生に刺激が生まれる。

人生を長く生きてくると、私たちはどんどん刺激を受けない体質になってしまう。

子どもの時の不思議に感じたことが、どんどん消えていく。

そうならないように、なぜ? を大切にすることです。

死ぬまで刺激を受ける人間でいたい。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

大人になる 30.Mar.2021

道をひらくためには、まず歩まねばならない。

心を定め、懸命に歩まねばならない。

それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。

私たちは、いつまでも親が定めた道を歩み続けることは出来ない。

親の敷いたレールを子ども時代に素直に歩み出しても、いつかは、そのレールからは外れてしまうものです。

そして、自分自身で迷いに迷って、自分に合ったレールを見つけるか、自分でレールを敷くか、巡り巡って、親の敷いたレールを自分のものだと思い直して歩み出すか、するのです。

自分の道を歩むためには、私たちは、どうしても、親との和解と自分で生きるのだという覚悟が必要です。

そうしなければ、親のレールを引きずって、自分のレールを素直に歩めないからです。

親への反発も親への劣等感も共に、親への依存として、現実的な問題として出てくるからです。

自分の道を歩みたければ、親への依存を脱して、自律しなければならない。

その自律の第一歩が親との和解なのです。

この和解が出来なければ、大人にはなれない。

大人になれない人間が、自分の道を歩める訳がない。

道を開くとは、大人になることなのです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

夢を持とう 29.Mar.2021

夢を見るから、人生は輝く。

人間は、目の前にあるものを言葉に表すだけではなく、目の前にないものまで言葉にしてしまう。

つまり、想像力を発揮して、まだ見ぬ何かを見ることが出来るのです。

つまり、それは、現実にはまだなっていないものを現実にしようとすることです。

自分の目の前にないものを実現させようとする時、私たちは、ワクワクするはずです。

もし、こんなものがあったら、どんなに楽しいだろうと思うからです。

このワクワク感が人生のエネルギーになる。

私たちは、人生を楽しむために、夢を持とう。

それも、ワクワクする夢を。

現実逃避の言い訳になるような夢ではなく、人生を輝かせるような夢を。

そのために、まずは、努力をすることです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

行先 28.Mar.2021

どこへ向かうか、わからない。

「どこへ向かうか、わからない」だから面白い。

決まってなくても、いいのです。

行き先が、どう転がるのかは、これから決まります。

面白がれば、面白くなるのです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

サーロイン食堂★!

旦那さんが近くを通った際に、美味しそうだったから行ってみたい!と
言っていた浜口町のサーロイン食堂へ行ってきました☻

私は赤身のステーキ定食にしました★
目の前で焼いてくれるし、値段もリーズナブルで得した気分です!
お肉も美味しかったですが、セットでついてきた山芋のスープが、
優しくて良いお味でした♡
また行きたいな~♬

stm♡

人生の目的 25.Mar.2021

誰もの心に、何かに向かって燃える火があります。

それを見つけ、燃やし続けることが、私たちの人生の目的なのです。

一体、自分は何をやりたいんだろう?

何をやっても続かないし、何をやっても上手くはいかない。

一体、自分はどうしたいんだろう?こんな疑問を一時期持っていた。

人生に迷っていたのだった。

しかし、ぐずぐずして30代も終わろうとしている時に、腹が決まった。

今までやってきたことをやるしかない。

折角、長年やってきたことを簡単に捨てるわけにはいかない。

そう思った。

そして、覚悟を決めた。

ここでしか生きられないのだと。

その時から、私の人生には迷いがなくなった。

いわゆる、人生の目的が定まったのです。

それからは、如何に自分が高まるかが大きな問題なのだと思って、生きてきた。

自分の人生をやっと歩めるようになったのです。

自分の中にある火を燃やし続けることが出来るようになった。

私たちは、自分の人生を生きるために、自分の中にある火を発見することです。

それは、覚悟を決めて、今までのことを伸ばしていこうと決断することです。

自分の中にしか、自分を奮い立たすエネルギーはないのです。

そのことをしっかり自覚することです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産