長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

お守り★!

橘神社の交通安全のお守りをいただきました♡
心配してくださるのはとても嬉しいですね!

シンプルで可愛いです☻
ありがとうございました♡

stm♡

向こう見ず 21. Jan .2019

あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めましょう。

向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。

向こう見ずな決断をするためには、大きな勇気がいる。
怖いもの知らずな人は、簡単にこの決断が出来るだろうが、怖いものを知ってしまった人は、この決断をするために、もう一度、怖いものを忘れることが必要です。
怖いものに目をつぶって、決断する。
そういう勇気がどうしても必要なのです。
そういう人を天才というのです。
そして、向こう見ずな決断が出来る人には、魔法が備わっているというのです。
なにせ、無理なことに挑戦して、無理なことを実現してしまうのだから。
夢がある人は、ぐずぐずする必要はない。
向こう見ずに挑戦してしまおう。
夢のない人は、夢が出来るように努力をしよう。
夢は努力から湧いてくる。
目の前のことに必死で取り組むことです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

奇跡 19. Jan .2019

人生には二通りの生き方しかない。
ひとつは、奇跡など何も起こらないと思って生きること。
もうひとつは、あらゆるものが奇跡だと思って生きること。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

未来に 18. Jan .2019

過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。

私たちは、大概、過去と現在の関係について考えてしまう。
今起こっている問題の原因を考えるというのは、過去を考えるということです。
何が問題なのかと問う時、それは、過去のどこに原因があるのかと問うことです。
私たちは、現在から過去に向かってベクトルを向けて考える方が、圧倒的に多い。
しかし、未来から現在に向かってベクトルを向けよ! という事です。
今起こっている問題は、未来の望む姿にするためには、どうすれば良いのかと考えろ! というのです。
未来もまた、現在に影響を与えているのです。
そして、この未来からの影響こそ、自分の人生を豊かにしてくれる重要な力です。
未来のあるべき姿を明確にしておこう。
そうすれば、今起こっている問題の原因以上に、その問題が未来には、どういう結果(形)を生むかを考えることが出来る。
この問題が未来に向けたメッセージは何か。
こういうベクトルを私たちは持つべきです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

天命 17. Jan .2019

一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。
世界は、存在しているすべてのモノに、生きる資格を与えている。
だからこそ、存在しているのです。
だから、私たちは、何も自分を卑下することもないし、誰かを非難することもない。
そして、そのモノそれぞれに、色々な天命がある。
存在しているということは、そういうことです。
だから、あとは、その天命を自分のモノとして、自覚して生きていくかです。
私たち人間は、その天命に非常にこだわる動物です。
どんな天命なんだろうかと迷うこともあり、疑うことも、そして、捨てようとすることもある。
しかし、諦めることです。
自分の天命はこれだと諦めて、その天命に従うことです。
そういう人生が一番です。
自分以外の人間になれない以上、自分の天命に従うしかないからです。
腹を括ることです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

会長の年末ライブ!

昨年の12月23日(日曜日)「田園」にて。
我社の会長が70の手習いで始めたギター♪
真面目にレッスンに通い、自宅でも自主練に勤しみ。
数年が経つので、ライブを見学に行ってみました。
そもそも、私の亡き父が音楽教師であったので、家族は皆、楽器演奏や歌が大好きです。
私はギターを中学の頃にを見よう見まね弾いた程度。
弦を見ないで歌うことの難しいことは言わずもがな。知っています。
ピアノは幼児から父の厳習を受けて育ちましたが期待に応えず今日に至っています。(笑)
会長は音程が取れてないナンバーがありましたが、前奏に合わせて語りを入れるところが
雰囲気あってとても素敵です。
齊藤和義ファンの私は改めて彼のギター技術と感性豊かな歌の偉大さを知るのでした。
右のお兄さんにはフルバンド、ドラムもついて。
流石の実力です。聞けば消防署勤務で会長よりも長年されているそうです。
♬歌うたいのバラッド♬うまかったです。

M&M

やっと食べれました・・・★!

前にもブログに書いた太幸園☻
ずっと入荷のタイミングが合わず
食べれなかったヒレ肉のステーキに
やっとありつけました♬

すごくさっぱりして美味しかったです★
でもロースが好きかも♡笑
そして愛してやまないオイキムチ!

毎日でも行きたくなる焼肉屋さんです!♬
資金さえあれば・・・笑

stm♡

未来 16. Jan .2019

未来に向き合うには、ふたつの方法があります。
ひとつは心配、もうひとつは期待です。
私たちは、得体のしれないものに恐怖を覚える。
何が何だかわからないものを見ないようにする。
だから、そういうわけのわからないものに対して名前を付けて、得体を自分で決め、そのものを理解したかのように振る舞うのです。
未来に関しても同じことです。
未来はどうなるか誰もわからない。
得体のしれないものと同じです。
だから、未来に対して心配をしてしまう。
心配が高じて、恐怖を覚えることもある。
が、しかし、そういう人たちとは違う人たちもいて、得体のしれない未来に得体を自分で決めて、そこに向けて頑張ろうとする人もいるのです。
「期待」をする人たちがいるのです。
どちらも未来に対する、人間の態度です。
私たちは、どちらの態度をとるだろうか。
未来は本当は得体のしれないものです。
その得体のしれないものを自分で飲み込むか、得体のしれないものに自分が飲み込まれるか。
私たちは、どちらを選択するだろう。
勇気を持って、自分に未来を引き寄せよう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

雑魚なりに 15. Jan .2019

雑魚は雑魚なりに、大海を泳ぎ、我は我なりに、大地を歩く。
色々な人間がいる。
そして、その色々な人間には、その人それぞれの歩き方や道がある。
それが、各自の人生の中でぶつかり合って、様々な現実が生まれるのです。
その中にあって、私たちは、自分の歩き方や道を、しっかり見定めていくしかない。
「我は我なりに、大地を歩く」しかないのです。
が、しかし、どうしたって、その我の行く手を阻む人間が出てくる。
意見が合わない人間、気に食わない人間、言いようもなく好かん人間が、出てくる。
せこい奴、醜い奴、卑怯な奴、色々な人間が目の前にやってくる。
人生は、我の他にも多くの我がいるから、どうしても折り合いを付けなくてはならないのです。
「雑魚は雑魚なりに、大海を泳ぐ」ものなのだと。
自分は自分なりに、大地を歩くだけだと。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産