長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

素晴らしい人生 21.Jan.2021

毎朝、目を覚ます度にあなたは、こう言ってもいいでしょう。

目が見える、耳が聞こえる、体が動く、気分も悪くない・・・有難い、人生は美しい。

私たちが生きていること自体、奇蹟なのです。

なにせ、自分の意志で生まれてこないのだから。

生まれてきたら、きたで、自分の意志とは関係なく、心臓が動く。

脈が流れる。息を吸っている。

夜寝れば、自然と朝目覚めている。

何から何まで自分では、決めていないのに、なぜか生きている。

これこそ、奇蹟ではないか。

勝手に生きていけるのだから。

そんな私たちの人生なんだから、私たちは、生きていることに感謝しても良いはずです。

なんて楽しいことがあるんだ。

なんて悲しいことがあるんだ。

なんて素晴らしいことがあるんだ。

なんて不安なんだ。

色々な経験をして、心が動かされるのです。

生きていることは素晴らしい。

朝、目が覚めたら、目覚めてありがとう。

今日もまた始まる。

そう思って生きていこう。

今日が始まることに感謝することから一日を始めよう。

なんて素晴らしい人生なんだと思えるために。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

想定内 20.Jan.2021

想定内に設定する。

今まで想定外と思っていたものも、1度体験したら想定内に設定しましょう。

「そういうこともあるんだな」想定内を増やして、想定外に対応しましょう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

叱る・褒める 19.Jan.2021

「叱る」と「褒める」というのは同意語です。

情熱や愛情が無いと、叱っても、ただ怒られているというとらえ方をする。

人間は、誰に何を言われるかを非常に重要に思っている。

だから、同じことを言われても、言われた相手によって受け止め方が全く違ってくるものです。

自分に対してバカ!と言われて、腹が立つ相手もいれば、腹の立たない相手もいるのが人間なのです。

それでは、その違いはどこから来るのか。

それは、相手との関係性ということになるとは思うが、その大きなポイントは、自分のことを思って言っているのか、ということです。

つまり、投げかけられた言葉の奥に、愛情が感じられるかどうかということです。

私たちは、どうしても一人では生きられない動物です。

その動物が本能的に求めるのが、愛です。

その愛が、感じられるかどうかで、人間は生き生きするものです。

言葉の奥に愛があるかどうか、投げかける人は、よくよく考えて言葉を相手にかけたいものです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

選択の連続 18.Jan.2021

人生は選択の連続。

これまで選んできた道を変えたり、無かったことには出来ないけど、これから進む道は自分で選択することが出来る。

大きな選択や、小さな選択。

人生はいろいろな選択の連続。

選択には、後悔は付きものだけど、いつまでもクヨクヨしていられない次の選択が待っている。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

いま出来ることを 17.Jan.2021

重さを感じる時はシンプルに立ち返る。

出来ない、進めない、決められない。

行動できない時は、余裕がなかったり、複雑化していたり、過大化したり、自分で出来ない理由を作ってるのかもしれない。

そんな時は、たった1つだけ、いま出来ることをやってみる。

人に話してみる、ノートに書いてみる、ちょっと休憩する、ひとつ片付ける。

何も考えなくていい、たったひとつの、シンプルな行動に、変えてみる。

ちょっとした変化から、小さな流れが、生まれていく。

流れていれば、ちょっと楽になる。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

自分を褒める 16.Jan.2021

苦しさ辛さの裏には思いがある。

苦しさ辛さは、何とかしたい思いの裏返しです。

今より良くなりたい、もっと成長したい、何かしてあげたい。

何とかしたい思いを、持ち続けている自分、頑張っている自分を、認めてあげたい。

苦しさ、つらさは、ずっと続くものではなく、今だけのもの。

明けない夜はないし、朝は必ずやって来る。

どんなに長いトンネルでも、出口は必ずある。

思いを持ち続け、行動すれば、いつか叶うときは必ずくる。

思いを持ってる自分を、褒めてあげよう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

高い目標 15.Jan.2021

失敗は恐れない。

失敗することではなく、目標が低いことが罪なのです。

大きな挑戦ならば、失敗さえも栄光となる。

私たちは、自己満足が好きです。

だから、すぐさま出来るようなことに取り組んで、悦に入ってしまう。

失敗するよりは、成功することを望むあまり、低い目標を大きく見積もって、色々な意味をその目標に貼り付けて、目標達成に意義があるように繕ってしまう。

しかし、そんな目標は、目標とは言えない。

目標とは今の自分では出来ないものへの挑戦なのです。

だからこそ、目標には価値があるのです。

この目標を達成すれば、自分は違った人間になっていくはずだ!という設定こそ、目標の意味です。

だから、目標を達成することは苦しいことなのです。

楽に達成出来る目標なんて自分の成長には全く意味はない。

それこそ、自分を堕落させる元になってしまう。

高い目標こそ、高い志です。

そして、それは、自分の人格を磨く研ぎ石です。

高い目標を設定して、自分に挑戦していこう。

それこそが、面白い人生への扉なのです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

考え行動する 14.Jan.2021

失敗して、前に進めない人には2種類ある。

考えたけれど実践しなかった人と、実践したけど考えなかった人です。

私たちに大切なのは、考えることと行動することです。

この2つが揃わなければ、やらなかった失敗か、やってしまった失敗になってしまう。

やらなかった失敗は、考えていたけれど、行動しなかったということです。

あの時、あのタイミングでやっておけば良かったと後悔する失敗です。

やってしまった失敗は、あまり考えることなしに行動をして、痛い目に遭ったということです。

人間は、考えることだけでも行動することだけでも、ダメです。

両方が一致してこそ、人間です。

考えることこそ人間だと思って、その存在価値を認めても、それだけでは不十分です。

考え、そして、行動をすること、この両方が整ってこそ、人間として価値があるのです。

考え、行動する人間でいよう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

構築し続ける 13.Jan.2021

愛は、石のようにそこにじっとあるものではない。

パンのように毎日つくられるものです。

いつもつくり直し、新しいものとするのです。

人間関係は、愛だけではなく、信頼も、憎しみも、創造し続けてこそ、成立するものです。

愛が生まれたから、それで愛は不変だというわけではない。

その愛は、生まれた瞬間から、徐々に変容していくものです。

信頼関係も同じで、信頼関係が出来れば、それで固定するわけではなく、その関係も徐々に変化をしていくものです。

だからこそ、関係は、関係が成立した瞬間から、創造し続けなければならないのです。

ということは、関係の継続には、努力が必要だということです。

日々の関係構築作業が必ずいるということです。

それを忘れては、関係は維持できない。

気が付いたら、昔の関係が全く違うものになっていた!なんてことになってしまうのです。

愛や信頼は、構築し続けなければ、ならないものです。

関係とは相互作用で成り立っているからです。

自転車と同じで、ペダルを踏み続けてこそ、関係は前へ前へと進んでいくものです。

そのことを忘れないようにしたい。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

行動する 12.Jan.2021

不平はエネルギーです。

人間は不平がなければ、働く意欲を失ってしまう。

若い内は、負のエネルギーで行動しても良い。

間違った正義感でも良い。

何かに向けてエネルギーをつぎ込んでやってみることが大切です。

やってみて、現実と対峙し、その結果、どんどん負の感情が正され、間違った正義感が修正されて、徐々に自分の考えが、公共的になっていくものです。

だから、兎に角、理想というものをもって、その理想を実現しようと思って取り組むことです。

なにくそ!と思って、取り組むことです。

こういう気概を私たちは、失わないようにしたい。

そうしないと自分の中で行動を起こすエネルギーがなくなってしまうからです。

最近の私たちは、どうあがいたって無理だと思い込まされている部分がないだろうか。

やってみることです。

なにくそ!と思って、行動をしてみることです。

自分の理想をあきらめないで、行動をし続けよう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産