長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

東京五輪開会式・スポーツの日 23.July.2021

東京オリンピック開催にあわせて、2021年は国民の祝日が変更される。
「海の日」は7月22日、「スポーツの日」は7月23日に、「山の日」は8月8日となる。
東京五輪は7月23日開幕、8月8日閉幕のため、開幕日が「スポーツの日」、閉幕日が「山の日」となる。
本来、スポーツの日は10月の第2月曜日(’21年は10月11日)、海の日は7月の第3月曜日(同7月19日)、山の日は8月11日。
なお、五輪開催予定だった2020年も、同様の祝日の変更が行なわれた。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

海の日 22.July.2021

「海の日」は7月第3月曜日ですが、2021年は7月22日(木)に移動されています。
海の日は、1996年に国民の祝日として施行されましたが、当初は7月20日でした。
2003年に祝日法が改正されると、いわゆるハッピーマンデーにより「7月第3月曜日」となりました。
また、7月1日から31日までの1カ月間は「海の月間」となっています。
東京五輪の開閉会式が予定されていた2020年、またその延期により再度日程調整された2021年は、合わせて3つの祝日(「海の日」「山の日」「スポーツの日」)が移動されています。
2021年に延期された東京五輪は、7月23日に開幕、8月8日に閉幕予定。
昨年同様、開会式の前日に「海の日」、開会式当日に「スポーツの日」、閉会式の翌日に「山の日」が移動となります。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

心の体力 21.July.2021

落胆と失敗は、人を確実に成功に向かわせる二つの試金石です。
人間は、非常に面白い動物で、心と身体のバランスもさることながら、心と行動のバランスを取るのが、非常に難しい。
やらなければならないと思っていても、心がブレーキをかければ、その義務感は、消えてしまう。
やらなくてはならないけど、やらない!と決定してしまう。
逆に、川で溺れている人を見れば、とっさに行動をして、助けようとする。
そんな時は、心のアクセルもブレーキも、全く作動しない。
体が先に動いてしまう。
しかし、行動をやり続けるためには、心のアクセルがどうしても必要です。
人間は、自分の心を起点として、人生を創っていくものです。
だから、自分の心を強く逞しくしておかないとやり続ける行動を取ることが難しくなる。
そうなると人生もか弱いものになってしまうのです。
だから、私たちは、心を鍛えることです。
自分の思い通りにいかない状態を数多く経験して、心の体力を創っていくことです。
そういう意味で、失敗や落胆や絶望的な状況は私たちにとって必要なことなのです。
逃げることなく、失敗や落胆や絶望的な状況を受け入れることです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

自分に命じる 20.July.2021

褒められたい、認められたい。
そう思い始めたら仕事がどこか嘘になります。
誰かが見ているからやる。
誰かが見ていないからやらない。
この考えを突き詰めていくと、動機は、全て他人の中にあることになる。
そういう動機の素が他人にある限り、私たちは、良い仕事は出来ない。
仕事とは、自分がそう思うからそれをやるのであって、他人が見ているからそれをやることではない。
もし、そうなら、それは、自己アピールのためにやっているだけなのです。
アピールする場がなければ、やらない人間になってしまう。
これは、自分の中の真実ではなくなってしまうということです。
自分がそれをやる意志があるからやるのであって、自分自身に対して、自分が自分で命じることです。
それ以外には、自分の行動のレベルは上がらない。
他人の奴隷になってしまおうとしないことです。
自分自身で自分に命じることです。
私たちの仕事は、仕事のミッションに応じて自分自身で行動することです。
この仕事に対する理解(ミッションが何なのか)がない限り、良い仕事は出来ない。
仕事のミッションを理解して仕事をしよう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

海の日19.July.2021

「海の日」は7月第3月曜日ですが、2021年は7月22日(木)に移動されてい
海の日は、1996年に国民の祝日として施行されましたが、当初は7月20日でした。
2003年に祝日法が改正されると、いわゆるハッピーマンデーにより「7月第3月曜日」となりました。
また、7月1日から31日までの1カ月間は「海の月間」となっています。
東京五輪の開閉会式が予定されていた2020年、またその延期により再度日程調整された2021年は、合わせて3つの祝日(「海の日」「山の日」「スポーツの日」)が移動されています。
2021年に延期された東京五輪は、7月23日に開幕、8月8日に閉幕予定。
昨年同様、開会式の前日に「海の日」、開会式当日に「スポーツの日」、閉会式の翌日に「山の日」が移動となります。
その結果、2021年は7月22日(木=「海の日」)、開会式の23日(金=「スポーツの日」)、24日(土)、25日(日)と4連休になります。
<2021年>
7月22日(木)海の日
7月23日(金)スポーツの日 ←東京五輪開会式
7月24日(土)
7月25日(日)
「海の日」の意味や由来
海の日 由来……海の記念日
「海の記念日」が、国民の祝日「海の日」になりました。
海の日は、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」という趣旨で祝日に制定されました。
国土交通省によると「世界の国々の中で『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本だけです」とのこと。
海に囲まれ、海の恩恵をうけながら発展してきた日本ならではの祝日といえます。
なお、祝日になる前は、7月20日が「海の記念日」という記念日でした。
これは、1876年(明治9年)の明治天皇の東北巡幸の際、軍艦ではなく、「明治丸」という灯台巡視船で航海し、7月20日に横浜に無事帰港したことに由来します。
これが海洋国日本の幕開けにふさわしいということで定められました。
2021年は東京五輪などで様変わりすると思われますが、例年、海の日には、ボートレースやマリンスポーツなど、海に関連するところでさまざまなイベントが開催されます。
大規模なのが「海フェスタ(海の祭典)」という行事で、海にゆかりのある自治体が選定され開催されます。
期間は「海の日」を中心とした数日間で、記念式典、祝賀会、船の一般公開や体験航海、コンサートなど、いろいろな海関連イベントで賑わいます。
また、「海の日」に灯台が一般公開されるところも多く、普段はみることのできない灯台内部を見学できます。☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

気持ちを 18.July.2021

先に気持ちを動かす。
「いきなりの大ジャンプ」これは難しい。
「小さな一歩」これなら、できるかもしれません。
「できるかもしれない」と思うのが大きい。
体が動かなければ、先に気持ちを動かしましょう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

小さな不満 15.July.2021

こんな時代だからこそ目先の不満で仕事を辞めるべきではありません。
若い頃は、目先の不満を全ての不満だと思っていた。
ちょっと不満があると、全てが不満だと勘違いしていた。
しかし、不満は、表面的なところから始まって、徐々に決定的なものへとつながっていくものです。
だから、目先の不満をすぐに全体の不満だと判断しないで、小さな不満から解消するように行動をすることです。
小さな不満をそのままにしておくと、どんどん不満が大きくなって、結局、どうしようもないような不満になってしまう。
そうすると、全てが嫌になってしまう。
そうなると、不満の場から逃げ出したくなって、自分の本来の力が出なくなる。
その結果、会社を辞めようという決断になってしまうのです。
がしかし、不満の末にその場を逃げても、決して何も解決しない。
新しい不満が芽生えないうちは良いが、新しい不満が芽生えてしまえば、同じことの繰り返しになるだけです。
だから、小さな不満をそのままにしないで、解決するために、行動をすることなのです。
目先の不満を解決し続けていくことです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産