長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

高い目標を 30.July.2021

私たちは高い目標を持っているからこそ、多くのことをやり遂げられるんだ。
大は小を兼ねる。
よく言ったものです。
私たちは、跳び箱を6段飛ぼうとする時、練習では、7段も8段も飛ぼうと思って練習するはずです。
6段を飛ぼうとして、5段までの練習では、良しとしないはずです。
目標も同じだ。高い目標を目指すから、そこまでの小さな目標がクリア出来るのであって、低い目標では、更に小さな目標しかクリアしないことになってしまう。
折角、目標を目指して努力するのなら、高い目標をもって、努力を続けることです。
その方が、圧倒的に色々なことが実現するはずだ。
妥協的な人生から脱出しよう。
高い目標をもって、自分を奮い立たせよう。
人生は、プロセスです。
ゴールが高くないとプロセスが短くなってしまう。
短いプロセスは、楽しみも少ないはずです。
高い目標を目指そう! ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

日々の決断 29.July.2021

やる気がなくなったのではない。
やる気をなくすという決断を自分でしただけです。
アドラー心理学に触れて、数十年が経った。
20歳そこそこの若造には、このアドラーの教えは、簡単に思えた。
なんだ、相手を尊重すれば良いのか、と簡単に考えた。
しかし!そんな簡単な表層的なことではなかった。
そこには、自分自身との対決があったのです。
この対決なくして、アドラーの教えは、全く意味をなさないものだった。
数十年が経って、大分アドラーの言わんとしていることが分かってきた。
相手の決断を尊重し、その決断が、相手の目的に沿うものかどうか、そこを相手が吟味し出すようにアプローチをしていけば、私たちの教育行為は、成立するのだと思うようになった。
これは、何も相手だけのことではない。
自分自身のこともそうです。
自分の決断の吟味をすることです。
自問自答を通して。
私たちは、どんな決断を毎日しているのだろうか。
その決断が自分自身の目的に合っているのかどうなのか。
ここを吟味していこう。
日々の決断が自分自身を創るのです。
そして、それは、自分自身との対決を含むものです。
そう思って、日々決断をしよう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

心を開く 28.July.2021

こちらが望んでいること、こうやりたいと欲していることをスムーズに受け入れてもらうためには、まず先方の心を知らねばならない。
経営は心理学です。
相手を理解することを徹底しない限り、何事も成立しない、それが経営です。
数字合わせでは経営は出来ない。
なにせ、数字を創るのが、まず最初にあるからです。
この数字を創ること、すなわち、相手に受け入れられて初めて、人が動き、物が売れ、そして、売上になっていくのです。
何もこれは、顧客だけの話ではない。社員も同様です。
経営者は、社員に受け入れられない限り、社員は動かない。
面従腹背の状態で、経営出来るほど、社会は甘くはない。
社員の心理を理解し、その理解に基づく仕組みを作ってこそ、社員は、顧客を理解し、顧客のための行動が出来るのです。
私たちは、相手を理解しよう。
相手が何を感じているか、理解しよう。
それしか、社会の中で生きていく手段はない。
自閉しても生きられるわけではない。
心を開いて生きていくことです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

努力 27.July.2021

じっと座っているだけで豪華な食事を誰かが運んできてくれたら、あなたは成長しないでしょう。
何も努力しないで、人間が幸せになることはない。
人間は、生まれた時から努力をすることが自然と出来る。
お腹が空いて泣き叫ぶのも努力だし、おしっこをして気持ちが悪くて、泣き叫ぶのも努力です。
そして、ハイハイをすることも、立ち上がろうとすることも、全て努力です。
そうやって大きくなった人間は更に今度は、自分の意志の実現のために、努力をする。
そして、努力をしても成功しないことがあることを知るのです。
この失敗の経験こそ、自分を成長させるエネルギーになる。
今度は、どうすれば、成功するのかと努力を振り返ることが出来るからです。
努力をすることだ。
自分には出来ないことを課すことです。
または、今まで以上に出来ることに磨きをかけることです。
努力の辛さを経験してこそ、人間は成長するのです。
努力を厭わないことです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

ルール変更 26.July.2021

何事も今ある規則のとおりにやっていたのでは進歩はない。
規則を破るようなことをやらないと、現状はなかなか変わらない。
人間の進歩とは、ある種の断層を創っていくことです。
今までやっていたことをひっくり返すことを通して、大きなルール変更を行うことです。
ルールが変更されれば、結果が変わる。
そして、それが新しいルールになっていく段階で、進歩の階梯を登りだし、それが、新しい文明になっていくのです。
食料革命然り、産業革命然り、情報革命然りです。
全体が、順調な時には、ルールを変える必要はない。
しかし、逆境に陥った時、順調の先に暗雲が立ち込めそうな時、私たちは、何かをしなければならないと思う。
しかし、今までやっていたことを変えれば、更に悪くなってしまうのではないかと不安になる。
で普通の人間は、立ち止まってしまうのです。
こんな時は、今までやっていた意味を問うことです。
そして、この意味を否定出来るかどうか考えることです。
否定出来るのであれば、ルール変更出来るはずです。
そして、新しい意味を創造することです。
変化は、ルールを変えるところから始まるのだから。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

東京五輪開会式・スポーツの日 23.July.2021

東京オリンピック開催にあわせて、2021年は国民の祝日が変更される。
「海の日」は7月22日、「スポーツの日」は7月23日に、「山の日」は8月8日となる。
東京五輪は7月23日開幕、8月8日閉幕のため、開幕日が「スポーツの日」、閉幕日が「山の日」となる。
本来、スポーツの日は10月の第2月曜日(’21年は10月11日)、海の日は7月の第3月曜日(同7月19日)、山の日は8月11日。
なお、五輪開催予定だった2020年も、同様の祝日の変更が行なわれた。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産