長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

専門家 30.Nov.2020

専門家とは、非常に狭い分野でありとあらゆる失敗を重ねてきた人をいう。

専門家が今回のコロナウイルスの感染対応について、貢献したことは非常にありがたいことです。

もし、専門家の意見を聞いていなければ、コロナウイルスは、どんどん世界に感染を広げ、とんでもないことになっていただろう。

専門家は、その道のプロです。

ということは、専門家は、その道で、数多くの失敗をしてきた結果、色々なことが分かり、その分かったことを知識や知恵に変えて生きている人のことを言うのです。

だからこそ、特殊なことに対して専門家の意見は重要なのです。

しかし、その専門家の意見が通じない時もある。

それは、その専門家のその世界の狭さからくる限界を超えた事態の時です。

全体を見通す必要がある時に、専門家の専門性ゆえの限界があるのです。

そのことを私たちは、知っておくことです。

専門家だから間違ってしまう時があるのです。

専門家の限界を知って、私たちは、専門家の意見を参考にすることです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

段取り 29.Nov.2020

段取りだけで安心しない。段取りは必要です。

段取り通りに、いかないことも想定しましょう。

突発的なことや、アドリブが試される場面は急に現れます。

段取りだけで安心しないことです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

小さくゆっくり 28.Nov.2020

動きはじめは、ゆっくり少しずつ。

しばらく休んでから、また動き始めるとき、身体や心が重く感じられる。

身体や心が重いのは、ストレスから解放され、緊張を緩めて十分休めた証拠でもある。

再び動き始めれば、身体も心もだんだん温まり、気にならなくなっていく。

心と身体が温まるには、ちょっと時間が必要だけど、動いていけば心や身体は軽くなる。

「大きく、一気に」はけっこう大変。

「小さく、ゆっくり」が動き始めのコツ。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

耐える 26.Nov.2020

人間の偉大さは、不運に対してどのように耐えるかによって決まるものです。

順調に物事が行っている時は、人間は、自分を深いところで理解しようとしないものです。

なぜならば、順調に行っている時に、自分の存在を深く考えるきっかけがないからです。

自分について、表面的には考えられるが、本質的に考えることなどないはずです。

なにせ、順調なのだから。しかし、一旦、順調から不調になったら、人間は思い悩むはずです。

なぜ、順調ではなくなってしまったのだろうかと。

その不調がたいしたものでなければ、その問いは、そのレベルで終わってしまう可能性があるが、しかし、不調が大きなもので、どうしようもない事態を帯びてくれば、人間は、今度はいよいよ、真剣に思い悩み、自分自身の存在そのものを問うことになる。

そしてこの重い問いに耐えられるかどうか。

ここが、「どのように耐えるか」を決定するポイントなのです。

困難に出会った時、不運が続いた時、自己存在への問いの立て方が、大切なのです。

その問い自体によって、どのように耐えるのかが、決定されるのです。

どう自分を問うか。ここに全てがかかっている。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

信念 25.Nov.2020

信念は人を強くする。

疑いは、活力を麻痺させる。

信念は力である。

人間は、信念を無意識のうちに持っている。

しかし、その信念を意識的に行使するかどうかは、人によって全く違う。

ある人は、無意識のまま、その信念に操られて生きていくし、ある人は、いつしか自分の持っている信念に気づいて、その信念を意識的にコントロールして生きていく。

また、ある人は、自分の持っている信念が自分にとってマイナスに働いていると気付いて、その信念を変えようと努力しながら生きていく。

信念は、それを自覚するかしないかで、大きく人生を変えてしまうものなのです。

だから、自分の信念が何なのか。

それを知ろうとすることが大切なことです。

そのために、なぜ、自分はここで憤慨するのだろうかとか、なぜ、自分はここで失敗したのだろうかとか、そういう振り返りをすることです。

疑いは、活力をマヒさせるというが、その疑いに打ち克った信念を持たない限り、信念が人生を壊しにかかるのです。

信念を常時疑い、吟味の土俵に乗せることです。

そして、状況判断が決定したら、疑わずに進むことです。

そして、状況が変化したら、変化した段階で、信念を吟味し直すことです。

信念と疑いを、交互に土俵に乗せて生きていこう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

原因と結果 24.Nov.2020

世の中のことは、すべて原因と結果の関係でできている。

だから原因を無視して結果だけを変えようとしても不可能なのである。

良い結果を出したかったら、良い原因を作ることが重要なことです。

そのことを大概の人は、薄々知ってはいるが、それを明確に意識して実行をしている人は少ない。

それは、努力をしても良い結果を得られなかった経験があるからです。

そうなのです。

良い原因を作っても必ずしも良い結果にはならないことがある。

しかし、良い原因を作らなかったら、決して良い結果にはならない。

結果は、それが出るまでどうなるかは分からない代物なのです。

良い結果を出すための原因を作ってきたと思っていても、実は、その原因作りでは、ダメだったということなのです。

原因の定め方が違っていたのです。

原因と結果の因果関係の世界に私たちが、住んでいるなら、良い結果を作るための原因を見極めることです。

そして、良い原因を作ることです。

結果に対する原因をしっかり見極めて、良い原因作りをすることです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

「Labor Thanksgiving Day」 23.Nov.2020

勤労感謝の日はご存知の通り、毎年11月23日にある国民の祝日です。

昭和23年に「勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」ことを目的として制定し、休日となりました。

もともとは新嘗祭(にいなめさい)という五穀豊穣のお祝いがこの祝日のルーツといわれています。

これは宮中行事で天皇が神に五穀を奉納しながら、毎年の作物の収穫を感謝する日です。  

日本書紀にも記載があるので、その頃から脈々と天皇家に伝わる伝統行事なのです。

昭和20年の敗戦より、新嘗祭は天皇行事・国事行為から切り離され、「勤労感謝の日」という形でカレンダーに残ることになったのです。

当時のGHQ軍が考えた「Labor Thanksgiving Day」を和訳した言葉が「勤労感謝の日」となります。

もともとは穀物に感謝する日ですが、今でもその気持ちは大切にしなければなりません。

自分の生活はどこかで働いている多くの人のおかげでなりたっているので、誰かの仕事に感謝する日として覚えておきましょう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

いい言葉 22.Nov.2020

いい言葉は心を豊かにする。

良質の言葉の種を、毎日少しずつ、蒔いていく。

何とかなる。

ありがたい。

大丈夫。

ついてる。

前向きになる種、感謝の種、心が軽くなる種、明るくなる種。

いろんな、いい言葉の種を、意識して、蒔いていくと、いつか何処かで、芽を出し、心がだんだん豊かになっていく。

いい木々が育って、いい森を作るように。

いい言葉が育って、いい心を作っていく。

いい言葉は、心を豊かにする。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

選択 21.Nov.2020

選択は心の洗濯になる。

選択できるようになると、心の洗濯も進んでいく。

それまで、たまっていたものが、ドンドン片付いて、きれいになっていく。

選択が速くなると、進む速度も速くなる。

選択は行動につながり、行動は習慣になっていく。

「ためずに選択する!」心の洗濯上手になると、心と身体がきれいになって、スッキリさわやか気持ちがいい。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産