長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

竹林別邸レセプション・オープン

昨夜はレセプションに招かれてビルの貸主と弊社会長、代表社長と
共に行きました。
スケルトンの時から見ていましたから、まさしく魔法にかかったようです。
完全個室になっていていい空間。
境の壁は可動式ですから大人数の宴会もできます。
右側は小上がり堀こたつ席。
左側はテーブル席で靴を脱がなくて良し。
ローストビーフ凄く美味しいですし、お肉も奇麗です。
換気が上手く稼働せず、一瞬のアクシデントもありましたが(笑)
レセプションならではです。
21日グランドオープンしました。
全室個室です。
長崎市本石灰町6-34SEASON’Sビル1階(福砂屋本店前)
℡095-895-9397
ご予約下さい。

最近、肉食らいたい女王蜂です。

 

普通 18.July.2018

人生を楽しむ秘訣は、普通にこだわらないこと。
普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。
いたらお目にかかりたいものです。
普通とは何だろうか。
普通の人間、普通の生活、普通の人生とはどういうことだろうか。
この普通という言葉、非常に便利な言葉だが、よくよく考えてみると案外難しい。
何かを基準として、その基準値を普通というのだろうが、その基準とは何か。
私たちが、普通と言う時、そこには、抽象的な基準、人間として現実には存在しないが、皆が考えてすぐに思いつくようなイメージを基準としているようです。
だから、誰でもが簡単に使え、誰でもが簡単にその基準を破ってしまえるのです。
しかし、私たちは、なかなかその基準=普通から逃れられない。
それは、実体がないからです。
批判の対象として実体がないからです。
何気ない雰囲気として、そこになんとなくあるように感じているからです。
だから、実はこの普通という言葉をそれほど、大きく考えることはないのです。
俺の普通、私たちの普通、あなたの普通、あなたたちの普通、そんな風に考えてみることです。
実体のない普通という基準を気にすることはない。
しかし、雰囲気として感じることは必要なのです。
そうしないと皆から普通じゃないと敬遠されてしまう場合があるからです。
普通って難しいのです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

神浦川河川公園★!

川に行くなら教えて欲しかったのですが・・・
神浦川河川公園に連れて行ってもらいました☻

その格好で川に来たの?と周りの人は
思ったであろう・・・笑
 足だけ入りましたが気持ちよかったです♬
子供達は、テナガエビやメダカやカニに
大興奮でした!♡

stm♡

許す 17.July.2018

人はしばしば不合理で、非論理的で、自己中心的です。

それでも許しましょう。

私たち人間は、どうしようもない存在です。
理性があるのに、それを上手く使えない時が多いし、感情があるのを知っていて、相手の感情を害す言動をすることも多いし、自分が他人を尊重していないのに、自分は相手から尊重されたいと一方的に思ってしまう時がある。
まあ自己中心的な存在なのです。
人間が、そんな存在だと知っているのに、ついついそれを忘れて、人間を過大評価して、他人に理想を求め、変なことをやったり、言ったりする人間を許さないばかりか、時に、自分の価値観を踏みにじるやつを絶対に許すことをしない、それが人間なのです。
しかも、酷(ひど)いことをするのが人間なのです。
そう考えれば、人間なんて許してやるしかないではないか。
そうしなければ、自分も、誰からも許されないことになってしまうのです。
そうなれば、生きにくいこと限りない。
許すことです。
許することから、人生はスタートしていくのです。
許すことが出来る人間になることです。
自分も、他人も。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

海の日 16.July.2018

7月第3月曜は「海の日」。
海の日とは、元々「海の記念日」という民間での記念日でした。
明治天皇は明治9年、東北地方を御巡幸(天皇が各地を回られること)されたのち「明治丸」という船にご乗船し、7月20日横浜港に無事ご帰着されました。
この際に海は大変に荒れて、船も非常に揺れたらしいのですが、船酔いする者が続出する中、明治天皇はまるで何事も無いように始終泰然としておられたそうです。
その明治天皇のお姿に、当時まだ船による航行に不安を感じていた一般国民も、その安全性に大きな信頼を寄せるようになり、それ以降、海運と船旅の利用が一気に増えました。
そこにはまさに「海洋国家日本の夜明け」と言っていいほどの大きな歴史的意義があったのです。
そこで昭和16年、この日を記念し「海の記念日」が作られました。
ちなみにこの明治丸ですが、灯台の点検等を行なう灯台視察船として、明治政府がイギリスに発注したもので、現在は重要文化財に指定され、東京海洋大学に保存されています。
そしてこの美しい帆船に「明治丸」と名付けたのは、初代の内閣総理大臣であった伊藤博文でした。
その後、海の仕事に従事する方々や海運関係者によって、この海の記念日を国民の祝日にしよう、という運動が次第に大きくなってきました。
そしてそういった運動や、何より明治天皇に由来にした歴史的意義を理由に、1996年「海の日」として国民の祝日に制定される事になったのです。
その趣旨は「海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を祝う」というものです。 ☆
(T.Koga)長崎市の三山不動産

難しい事 15.July.2018

できないことを無理してやるんじゃなくて、今できることをやる。
人から見たら難しいことも、あなたには簡単にできることがあるから。 ☆
(T.Koga)長崎市の三山不動産

何ができるのか 14.July.2018

長寿社会とは、競争よりも協調が、効率よりもゆとりが、物の豊かさよりも、心の豊かさが、求められる時代である。

自分が、「してもらう」のではなく、わずかでもいい、自分には、「何ができるのか」を、考える時代である。 ☆

(T.Koga)長崎市の三山不動産

向き合う 13.July.2018

逃げない、はればれと立ち向かう、それがぼくのモットーです。
どんな事態になっても、逃げないことが重要なことです。
事態をしっかり受け止めて、その事態にどう対処をするか。
ここをしっかり考えることが、与えられた事態に向き合うことにつながるのです。
私たちは、往々にして面倒なこと、大変なことを後回しにしてしまう。
そして、出来れば、その面倒なことや大変なことを誰かがやってくれるのを待つ。
しかし、待っても誰もやってはくれない。
残念ながら、人生はそんなに自分の都合の良いようにはなっていないのです。
だから、逃げない決意をもって、その面倒なことや大変なことを自分自身が積極的にやってしまうようにするのです。
結局、誰もやってくれないことなら、自分で積極的にやることです。
その方が、圧倒的に良い結果になる。
自分の人生だ。
積極的に立ち向かっていこう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産