長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

迎え打つ 22.Apr.2020

すべてがあなたにとって向かい風のように見えるとき、思い出してほしい。

飛行機は追い風ではなく、向かい風によって飛び立つのだということを。

なんだか雲行きがおかしくなってきたなと思った瞬間から、自分に向かって逆風は吹き始めるようになる。

なんでこんなことになってしまったんだ!?と考えてみても、逆風は、収まるどころか、強さを増してくる。

困ったなぁと嘆けば嘆くほど、逆風を止めることは出来ない。

逆風をどうにかしなければならない時に、やることは2つです。

一つは、逆風を利用できるかどうかを考えること。

もう一つは、逆風を気にしないで、いつもと同じように振る舞うこと。

経営に関して言えば、逆風は、基本的にはチャンスなのです。

今までのビジネスを強化する意味でも、新しくする意味でも。困った事態を喜んで迎え打とう。

そうした方が、よっぽど楽しいはずだ。

てんてこ舞いこそ、浮上する原動力なのだから。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

また食べたいシリーズ☺

先輩オススメの『ひょうたん寿司』!
緊急事態宣言で大好きな福岡には当分いけませんが、写真を見て楽しみます♩笑

コロナウイルスで自由にお出かけできないので、
また食べたシリーズ、随時更新していきます!(勝手にシリーズ化決定。笑)

☝ai

自分も変える 21.Apr.2020

私たち自身がまず、私たちが世界に見たい変化そのものでなければならない。

私たちが願う社会は、どんな社会なのか。

そして、その社会の一員は、どんな人間なのか。

改革をしようと考えたら、まずこの2つが必要です。

会社でも同じことです。

私たちの願う会社は、どんな会社なのか。

そして、その会社で働く私たちは、どんな社員になっていなければならないのか。

夢を実現するためには、夢に合った手段でなければならない。

どんな手段を用いても良いのだ! と思った瞬間から、その夢は実現されない。

なぜならば、手段が夢を裏切り、否定をしているからです。

そして、夢の実現をしようとする人間も、どんどん夢から遠ざかっていくことになるからです。

私たちは、私たちが望む社会の、会社の、未来の、その一員としてどうなっていくことが大切なのか。

ここを考えよう。

そうしないと社会に革命を起こしても、その革命は裏切られていくだけです。

それは、歴史が証明してくれている。

そこには、社会の革命しかなかったからです。

自分自身の革命が入っていなかったからです。

変えたい社会、変えたい会社、変えたい未来に、相応しい自分になるように、自分も変えることです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

小さな努力 20.Apr.2020

一日一日を大切にしましょう。

毎日のわずかな差が、人生にとって大きな差となって現れるのですから。

人間の能力に大きな差はない。

しかし、能力に大きな差を感じるのは、努力の後の結果を見てしまうからです。

最初から上手く出来ることなど何もない。

最初は、全て下手くそなのです。

しかし、毎日毎日地道に努力を続けていくと、ある日、ある時、気が付いたら、上手く出来ていた!という感じで、努力が見えてくるのです。

大きな差になって現れるのは、努力を続けた後なのです。

毎日5分余計に何かを努力すると、1年で30時間以上になる。

それを10年続ければ、300時間以上になるのです。

毎日の小さな努力が、人生を創っていくことになるはずです。

毎日のこのありふれた一日に、大きな果実が眠っているのです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

嬉しいプレゼント♪

先日、実家の母から

「近くに寄ったついでにポストにいいもの入れたよ!」

と連絡がありわくわくしながら帰宅すると…

 

 

お誕生日でもないのにこんなにいいもの

もらっちゃっていいの???

と思いながら箱を開けてみると

 

母の手作りアクセサリーでした!

最近は外出を控えているので作品作りが捗るそうです

わたしもお家でできる趣味を探してみようかなぁ♪

 

みくりん♪

 

他人を喜ばせよう 17.Apr.2020

苦しみから抜け出す方法はただひとつ。

他者を喜ばせることです。

自分に何ができるかを考え、それを実行すればいい。

苦しみという感情は、閉じられた感情です。

喜びという感情は、開かれた感情です。

だから、苦しむということは、自分の中にどんどん浸透し、自分を中から痛めつけるものです。

だから苦しみから解放されたければ、自分を開いて、苦しみを自分の中から追い出すことに限る。

そのために、開かれた感情である喜びを使うのです。

つまり、他人を喜ばせることを通して、自分を開いていくために。

他人と自分が開らかれた関係になるために、他人を喜ばせよう。

他人が自分に感謝の気持ちを抱いてくれたら、私たちは嬉しいはずです。

その嬉しさが自分を開かせるのです。

自分の中に閉じないように、いつでも開いた自分でいるように努めよう。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産

経済活動と学習活動 16.Apr.2020

最小の労力をもって最大の欲望を満たすことが、人間の経済行為の基礎原理である。

今から約300年前のアダム・スミスは、現代社会の本質を言い当てていた。

逆に言えば、300年以上前から、人間社会の行動原理は変わっていないということです。

実は、経産省が推し進めている「未来の教室」の合言葉もほぼ同じことを言っている。

「最小の労力で最大の効果」を生むのが、これからの学習だと。

私は、この合言葉故に、「未来の教室」の運動に賛同はできない。

子どもの時にやる学習を効率的に行って、何が子どものためになるというのか。

人生に無駄なことなど何もないのに、効率的にやることを教えて何が、その先、生きる力になるのか。

経済活動と学習活動が同じわけがない。

なぜなら、学習は内に働きかけるもので、経済活動は外に働きかけるものだからです。

人生に無駄なことなど何もない。

効率的にやることもあれば、非効率的にやらなければならないこともある。

そのことをしっかり区別してやることこそ、私たちの社会を良くすることになるはずです。 ☆ (T.Koga)長崎市の三山不動産