長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

秋分の日 23.Sep.2017

秋分の日は、墓参りをしたりおはぎを食べたりする習慣が知られていますが、今年の秋分の日は9月23日(土)です。

地球の自転軸は、太陽を公転する軌道に対して傾きがあり、太陽との距離の違いにより日の長さが変化するため、例えば日本では春夏秋冬の四季が生まれます。

北半球では、北極点が太陽に一番近づく日が、昼の長い夏至、反対に一番遠くなる日が夜の長い冬至になります。

それぞれの中間であり昼夜がほぼ同じ長さとなるのが秋分、春分です。

天文学での「秋分」は、地球から見た太陽の通り道「黄道」と、地球の赤道の真上にある道「天の赤道」が交わる「秋分点」を、太陽が通る瞬間のことで、その瞬間を含む日を「秋分日」と呼びます。

地球が太陽の周りを公転するのにかかる期間は、365日と6時間ほどですが、カレンダーでは365日として社会生活が営まれています。

毎年6時間ほどのズレがあるので、ズレが24時間になったところで1日増やし366日の閏年で調整しています。

そのため、秋分点も日付がずれるので、年によって日にちが異なる場合があるというわけです。

「秋分の日」は、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」祝日として、1948年に公布された祝日法で定められました。

秋分の日、太陽は地球の真西に沈みます。

仏教では、西方に「浄土」があるという考えがあり、故人と一番近くなる日と考えられていることから、この時期に仏事を行なう習慣が生まれました。

秋分の日の前後3日間を合わせた7日間を秋の「彼岸」と呼び、真ん中の秋分の日は「彼岸の中日(ちゅうにち)」と呼びます。同じく、春分の日を含む7日間は春の「彼岸」です。

秋分の日はお墓参りには行けなくても、宗教に関わらず、亡くなった方を静かに思い出して過ごしてみてはいかがでしょうか。

ところで、9月の祝日と言えば、2003年に敬老の日が9月の第3月曜日の移動祝日になったことから、組み合わせによっては最大5連休の大型連休「シルバーウィーク」になることも。

直近では2015年が5連休でしたが、次は残念ながら2026年まで来ない予定です。 ☆(Koga) 

大衆酒場たびたびがオープンしました。

8月末にご契約戴きました鍛冶屋町オオタビル1階に開店!
昔、慕魯屋があった場所です。
近くには姉妹店あや鶏思案橋店がリンガーハットの2階に。
ざっくりと安価で気取らずに行ける店です。
レトロなBGMが流れていて。
角ハイボールはなんと98円
元気珠ハイボールはリアルゴールド入り。
お財布にやさしくて(^_-)-☆
面白い飲み物や豊富なメニューはさながら大人のメリーゴーランドの様です( ;∀;)
店一番のお薦めはたびたび餃子!
お店貸切ってワイワイやるのも楽しそうです。

 

〆の塩焼きそばお薦めしたい女王蜂です。

白龍★!

主人の実家より頂きました☻
高そうなそうめん・・・!

ほそ~~~~くて、針の穴にも通るそうです☆
細くて芸術的で美味しかったのですが

そうめんやっぱり揖保の糸~♪(笑)

stm♡

愛は身近な行為 22.Sep.2017

愛とは、大きな愛情をもって小さなことをすることです。

私たちが、愛を実践するために、愛する対象を限定せず、自分の身近にいる人に対して、その人の必要としていることをどんなことでも良いから、コツコツ行っていくこと、それが愛の実戦です。

しかし、私たちの愛は小さいから、愛する対象を限定し、自分が相手にやってあげたいということをやることが多い。

これは、愛ではない。

それは、自己愛のようなもので、自分のために相手を利用して、愛を振りまこうと考えているからです。

愛は相手の必要としていることを行うことです。

それも自分が出来る範囲で。

自分が苦しくなるような奉仕は、愛ではない。

相手も苦しくなるからです。

愛は、身近な行為です。

そのことを忘れないようにしたい。 ☆(T.Koga)長崎市の三山不動産 

決意を持つ 21.Sep.2017

私の人生は楽しくなかった。

だから私は自分の人生を創造したのです。

誰もが、自分の人生を創造することが出来るが、しかし、本当に創造しようなどと思う人は、滅多にいない。

大抵の人は、自分の置かれた状況をどうしようかとは考えるが、根本的にこんな状況を生んでしまう人生については、それほど深く考えないからです。

しかし、自分の人生を自覚し、こんな人生ではどうしようもないと深く思える人、それもマイナスの状況を深く心に刻み込めた人は、自分の人生を創造しようと動き出す。

人生に左右される自分ではなく、人生を左右する自分になろうと決意をし、その決意を実現しようと生きるようになるのです。

私たちに必要なことは、自分の人生を、自分が左右するのだという決意を持つことです。 

その決意が自分の人生を創造していくようになるからです。

人生は、自分の思うようにはいかない。

しかし、その人生を作っているのは、この自分だという自覚が、生きていることを嬉しくしていくようになるのです。 ☆(T.Koga)長崎市の三山不動産 

他人に向き合う 20.Sep.2017

成功とは与えることなのです。

つい最近、ある人が私に成功するとはどういうことですか、と聞くので、自分の周りを幸せにすることですよと答えた。

私たちは、他人と共に生きているから、どうしても他人抜きに何かをすることは出来ない。

例えば、一人で何かをしようとしても、どこかで誰かと交渉しなければならないし、一人で小説を書いても、それは、誰かが読むことを想定して書くから、他人の存在が全くゼロではない。

ということは、私たちは、他人抜きで結果を出すことは出来ないということです。

だとすれば、成功した暁には、その褒美を他人と共に分かち合わなければならないということです。

だからこそ、成功とは、与えることなのです。

感謝を持って、他人に向き合うことです。

そうすれば、もう成功したも同然です。

なぜならば、もうすでに他人に感謝を与えているからです。 ☆(T.Koga)長崎市の三山不動産 

あぐりの丘

子供たちが楽しみにしていたのに、
台風の影響(18日はまったく影響がなかったのに)
中止になりました
また開催されたら行こうと思います。

        しょうた

自分を認める 19.Sep.2017

強い人々は、いつも気取らない。

人間的に強いとは、どういうことか。

それは、簡単に言えば、自分自身を受け入れて生きているということです。

強さは、ありのままを受容出来る力のことをいうのです。

この受容力が自分に向き、他人に向く人が強い人なのです。

だから、強い人は気取らないというのです。

気取って自分を立派に見せることをしても、それは、自分ではないとわかっているからです。

素直に自分を出すしかないと思っている人こそ、本当に自分を受容している強い人なのです。

しかし、実は、この自己受容がなかなか出来ない。

それは、そんなことをしたら、他人にバカにされてしまうと思っているからです。

さらに言えば、そんな自分では恥ずかしいと思っているからです。

こんな自分を誰も認めてはくれないと思っているからです。

しかし、そんな自分をまず自分が認めない限り、誰も他人は、認めてくれないものです。 

そのことに気づいた人間が、強い人です。

だからこそ、素直に自己受容をしようと自分を見つめるのです。

私たちは、自分自身を受容できるように、自分自身を見つめよう。

自分をまず認められるようにしよう。

そのためには、人間の弱さを良しとすることです。

昨日は私にとって、とても悲しい出来事がありました。

☆(T.Koga) 長崎市の三山不動産 

敬老の日 18.Sep.2017 長崎市の三山不動産

敬老の日は、毎年9月の第3月曜日となっています。

2016年は、9月19日が敬老の日となります。

敬老の日の由来については、2つの説があると言われています。

その説とは、まず1つ目は聖徳太子が593年に四天王寺を建立した際に、身寄りのないお年寄りや体の不自由な人、孤児などを収容する「非田院」(今で言う老人ホームや孤児院のようなもの)を9月15日に開いたのが始まり、というもの。

そしてもう1つは、717年に欽明天皇が、万病に効くと言われていた岐阜県の養老の滝に出向いたのが、9月の中旬だったからと言われています。

その際、欽明天皇は「醴泉は美泉なり。以て老を養うべし。蓋し水の精なり。」と注げて、元号を養老へと変更したことが故事に記載されていることから、この日を敬老の日としたというもの。

しかし、どちらも真偽については曖昧なため、現状では別の由来があるのではと推測されています。

敬老の日にお祝いされる側、つまりはおじいちゃんやおばあちゃん世代の方に「敬老の日に貰って嬉しかったものは?」と尋ねると、約20%の方が「家族との外食」と答えているようです。

おじいちゃんやおばあちゃんをお祝いするために、一緒に食事や旅行に行きたくても、諸事情でそれが叶わない場合もあります。

そのような時は、花をプレゼントすることをお勧めします。

実は、敬老の日に貰って嬉しいものの2位は花となっており、喜んでもらえる確率の高いものとなっています。

しかし、花と言っても多くの種類があるため、どれを選んだらよいか悩んでしまう・・という方は、「りんどう」を選ぶのがよいでしょう。

りんどうには、誠実や愛情といった花言葉があるだけではなく、昔から薬効があるとしてりんどうの根が重宝されてきたことや、高貴な方が身に付けるや紫の色をしていることから、敬老の日をお祝いするのにふさわしい花とされています。 ☆(Koga) 長崎市の三山不動産