長崎市を中心に賃貸物件や売買物件の最新情報を提供しております。家の無料査定や買取は株式会社三山不動産におまかせ下さい。

昭和の日 29.Apr.2017

今日は昭和の日で祝日です。
昭和の日に限らず、祝日は「国民の祝日に関する法律(祝日法)」という法律によって定められています。
この祝日法ではその第2条で、昭和の日について以下のように定めています。
昭和の日 四月二十九日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
確かに、 昭和という時代は太平洋戦争があったりそこからの奇跡的な復興があったりと、激動の時代でしたので、「昭和の日」という祝日を制定する趣旨は分かります。
しかし、なんで4月29日??
すると、4月29日の祝日の名称はコロコロと変更されていることが分かりました。
4月29日の祝日について調べていくと、4月29日は、天皇誕生日→みどりの日→昭和の日のように名称が移り変わっていることが分かりました。
現在は「昭和の日」である4月 29日は、昭和の時代は「天皇誕生日」でした。
つまり、4月29日は昭和天皇のお誕生日であり、昭和時代には「天皇誕生日」という祝日だったわけです。
しかし、昭和天皇が1989年1月7日に崩御され、皇位が今上天皇に継承されると、そのまま4月29日を「天皇誕生日」としておくわけにはいかなくなります。
そこで、法律が改正され、4月29日は「みどりの日」と改められました。
このように、昭和天皇の崩御によって、4月29日は「天皇誕生日」から「みどりの日」に名称が変更になりました。
「みどりの日」という名称は、昭和天皇が自然をこよなく愛され生物学者としてもご活躍されたことに由来します。
当初は、4月29日の祝日の新しい名称として「昭和記念日」という案が挙がっていたのですが、当時の野党の反対によって採用されませんでした。
しかし、「『昭和』という言葉を祝日として残して欲しい!」という国民の要望は根強く、その世論は国会を動かしました。
2000年には、森喜朗内閣のもと「昭和の日」への名称変更のための法律改正案が国会に提出されましたが、森元首相のいわゆる「神の国発言」によって衆議院が解散されてしまったため、法案は流れてしまいました。
さらに2002年、第一次小泉内閣のもとでも同様の法律改正案が出ましたが、またしても衆議院の解散で流れることに。
しかし、ついに2005年、第二次小泉内閣の時に、「昭和の日」へと名称変更する法律が成立。
3度目の正直です。
2007年にその法律が施行されました。
こうして、やっと4月29日の祝日の名称は「昭和の日」になることができました。
また、この法律改正によって、みどりの日は5月4日に移動されました。
ちなみに、5月4日は「国民の休日」という固有の名称が無い祝日でしたので、都合が良かったのだと考えられます。 ☆(Koga)

自分自身に期待 28.Apr.2017

人々は、誰かが自分の人生の責任を取ってくれるのを待って、時間を無駄にしている。
人生以外のことなら、自分で責任を取っているのに。
私たちは、何かをやってくれるのを他人に期待している。
こんな世界になってほしい!とか、こんな会社になればよいのになあ!とか、給料がもっと上がれば文句はないのになあ!とか、自分のことを他人や環境に期待している。
しかし、自分以外の他人や環境に期待しても、そうやすやすその期待に応えてくれる他人も環境もない。
結局、時間を無駄にして、自分の人生を過ごすことになるのです。
だとすれば、そんな期待を他人や環境に寄せるのではなく、自分自身に期待することです。
自分でその期待に応えられるように行動することです。
そうすれば、時間の無駄はないはずです。
自分を最大限使って、自分の期待を叶えよう。
その方が、人生が楽しくなるはずです。 ☆(Koga)

夢見る力 27.Apr.2017

夢を与えられれば、それを実現する力も必ず与えられる。
人間は、夢見る力を持てば、自分の夢を実現する力もまた持てる。
だから、夢がないと嘆く前に、夢が持てるように、力をつけることです。
階段を一歩一歩登っていければ、必ず夢が見られるようになる。
あそこまで行きたい! と思える夢を持つようになるのです。
私たちは、夢は簡単に持てると思っているが、本当に実現したいような夢は、中々持つことができない。
それは、自分の中にその夢を実現するだけの力を持てないからです。
だから、夢がないと嘆くことはない。まだ、夢を持つ段階ではないのだと思うことです。
子どもの時の儚い夢と大人になってからの本当の夢は、全く違う。
儚い夢は簡単に持てるかもしれないが、本当に自分が実現しなくてはならない夢は、中々持てないものです。
焦ることはない。
夢が持てるようになるまで努力を止めないことです。
夢見る力を持ているようになるまでは。 ☆(Koga)

自分を諦めない 26.Apr.2017

星に届かないことは恥ずかしいことではないが、手を伸ばす星を持たないことは恥ずかしいことです。
大人になったら、夢を持てるように努力することです。
人間は、子どもの時は秀才でも、大人になったら、凡才になってしまうものです。
そんな人間にならないように、大人になってからも努力を忘れないようにすることです。
私たちは、努力をしようにも、努力の先の目標がない場合が多い。
それは、大人になって会社や社会に飼いならされてしまって、自分の可能性を大きくしようとしても、無駄に思ってしまう大人が多いからです。
そういう大人になってはダメなんです。
大人しい大人になってはダメだと言っているのです。
私たちは、自分を諦めない人間になろう。
自分の可能性を死ぬまで大きくしていこうとする人間でいよう。
その方が、カッコいいはずです。
大人になってから努力出来る人間を目指すことです。 ☆(Koga)

今を天国にしよう 25.Apr.2017

死んだ後の天国を楽しみにせず、生きているこの世を天国にしようじゃないか。(ボブ・マーリーの言葉)
なんてカッコいいんだろう。さすが、ボブ・マーリーだ。
世に広まった宗教は、大概は、現世よりも来世に期待をかける。
今が苦しくとも来世では天国に行かれるようにしようと民衆を慰めてきた。
しかし、彼は、音楽を通じて、今を天国にしようと生きてきた。
そして、その音楽を聴いて育った私たちは、今を天国にしようと頑張ることです。
私たち人間は、まずは生きている。
その生きている最中が問題です。
たとえ、今が地獄でも、生きている限り、その地獄を天国に変えようと努力をすることです。
今は無理だから、来世で天国に行きますように!なんて祈りは、必要ない。
地獄から抜け出すように努力をすることです。
それが、私たちが生きている意味なのです。
生を全うするとは、今を真剣に生きるということだからです。 ☆(Koga)

無駄なことはない 24.Apr.2017

人生のあらゆる出来事は、あなた「に」起きるのではない。
あなた「のために」起きている。
このように思えることが、人生にとっては非常に重要なことです。
私のために人生が用意してくれた色々なことを、どう使って、自分のためにしていこうかと考える時、私たちの人間力は大幅に向上していくことだろう。
だから、自分「に」起こることではなく、自分「のために」起こることをしっかり受け止めることです。
私たちは、嫌なことが起こると、往々にして、その嫌なことを見ないようにするか、考えないようにするか、悲劇として処理してしまう。
なんで、こんなことが自分に起こるのだと不愉快になってしまうか、悲しくなってしまう。
しかし、そうだと思うなら、自分のために起こったこの嫌なことをどう活用しようかと考えることです。
人生は、自分のためにいろいろなことを用意してくれている。
その色々なことを喜んで受け入れ、喜んでそこからスタートしよう。
自分の人生には、無駄なことなど何一つとしてないのだから。 ☆(Koga)

相手のため 23.Apr.2017

あなたの気持ちが大切です。
結果が出るにはそれなりの方法も大切ですが、何より大切なのはあなたの気持ちです。
自分との約束、目標達成、人を動かすことなど、全てはあなたの気持ちの持ちようで成果を創りだしています。
今日一日「自分のためではなく」「相手のため」という気持ちを持ってください。 ☆(Koga)

光る 22.Apr.2017

一人光る・皆光る・何も彼も光る。
職場でまず自分1人がコツコツ始める。
そのひたむきな姿に共感者が現れてきて、いつの間にか皆がやるようになる。
さらに継続してやり続けると何も彼もやるようになる。
成功の順番です。( ☆(Koga)

FRADEミュート店

昨年契約して頂いて、本日開店致しました。
万屋町吉宗通りのタナカヤ裏にあるビルの二階です。
若葉町に続く2店舗目のフラクタルデザインのチェーン店。
スタイリッシュでシンプルな店内に沢山の花!花!
香りに包まれて眠くなりそう。
アップルティーを頂いて我社の社長は早速カット中。
どんな頭に?なるのかな?

美容室でのドリンクとスタッフが気になる女王蜂です。